重要な防災情報

ここ数年,台風などの自然災害による被害が多発しています。自らを守るためには,災害に備えるためには何が必要で,どのようにすればよいかをよく理解し,十分な準備をすることが重要です。研究科における台風等の場合の授業や試験の実施についてのルールは,以下のようになっています (『学生便覧』)。さらに詳しい情報は,入学時に配布した 『学生生活案内』 に 「防災の心得」 が掲載されていますので,ぜひ読んでください。

交通機関の運休,気象警報の場合における授業,期末試験の取扱い

1.交通機関の運休の場合

次の1から3のいずれかに該当する場合,当日のその後に開始する授業(期末試験を含む。)を休講とする。

  1. JR西日本 (神戸線) が事故等のため運休した場合
  2. 阪急電鉄 (神戸線) 及び阪神電鉄が事故等のため同時に運休した場合
  3. 神戸市バス 16 系統及び 36 系統が事故等のため同時に運休した場合

ただし,次の場合は授業を実施する。

  1. 午前6時までに交通機関が運行した場合は,1時限目の授業から実施する。
  2. 午前10時までに交通機関が運行した場合は,3時限目の授業から実施する。
  3. 午後3時までに交通機関が運行した場合は,6時限目の授業から実施する。
2.気象警報の場合
  1. 気象警報の対象区域について
    対象区域は神戸市とする。 なお,気象警報が広域に発令された場合は,発令地域に神戸市が含まれている場合にこの取扱いを適用する。
  2. 対象となる気象警報について
    神戸市に気象警報 (ただし、暴風、大雪、暴風雪に限る。"大雨警報のみ"では該当しない。) または特別警報が発令された場合,当日のその後に開始する授業(期末試験を含む。)を休講とする。

気象警報の解除について次の場合は授業を実施する。

  1. 午前6時までに,気象警報が解除された場合は,1時限目の授業から実施する。
  2. 午前10時までに,気象警報が解除された場合は,3時限目の授業から実施する。
  3. 午後3時までに,気象警報が解除された場合は,6時限目の授業から実施する。

※注意

  1. 気象警報は,「神戸地方気象台(旧神戸海洋気象台)が発表する警報」によるものとする。
  2. 解除又は運行の確認は,テレビ・ラジオ等の報道による。
  3. 休講になった授業等の取扱いについては,別途指示する。

情報源

お願い

国際協力研究科には留学生,とりわけ日本語がわからない留学生がたくさんいます。なかには台風等 (Typhoon, Tropical Cyclone) の事態に慣れていない学生もいます。警報等が出た場合,ぜひ留学生にも一声かけてください。チューターをしている相手,同じゼミの友達などと情報を共有し,安全を心がけるようにお願いします。

在学生の方へ

うりぼーポータル別窓

2017 年度予定表

博士課程前期課程 1 年

博士課程前期課程 2 年

博士課程後期課程 1~3 年

2017 年度シラバス

2017 年度時間割

2015年度学生便覧PDF

各種制度について

海外留学

奨学金・各種支援

インターンシップ

海外実習

長期履修制度

各種手続きについて

休学・復学・退学の
手続き

証明書発行について

語学トレーニングルーム

共同資料室

共同資料室案内

蔵書リスト

国際協力論集

GSICS Working Paper Series

世界銀行コーナー

情報処理関連

情報処理管理室について

情報処理演習室の利用案内

学内でのネット利用

学外からのネット利用

利用上の注意

2015 年度就職活動説明会の
開催について
PDF

2017 年度なんでも相談室PDF

健康管理に関する情報別窓

防災関連

重要な防災情報

多言語
「防災ハンドブック・
防災カード」別窓

剽窃防止ガイドラインPDF

授業振り返りアンケート
集計結果
PDF
(平成 28 年度後期分)